OwnersBookの品川区新築マンション第2号ファンド第1回(4.5%、26カ月)の評価と、物件を推定してみました。

OwnersBookは、不動産のプロが物件を厳選しているため、手堅いと人気です。

そのためか、募集開始後数分で、すぐに締め切られてしまうのが唯一の難点です。

ファンド概要

ファンド名:品川区新築マンション第2号ファンド第1回

利回り:4.5%

運用期間:26カ月

貸付先:不動産保有会社AM

担保:東京都品川区の新築マンション1棟(抵当権第三順位)

評価額:7億4,000万円(外部専門家の査定額を参考にOwnersBookが査定)

LTV:74.4%(先順位の銀行のLTVは64.9%)

資金は不動産保有会社AMの事業資金として利用され、物件の売却や金融機関からの借入で返済される予定です。

 

ファンド評価

LTVが74.4%あるので、元本の毀損のリスクは少ないと判断できます。

ただ、先順位に銀行(LTVは64.9%)があるため、万一返済が滞り担保を売却した場合に、64.9%以下でしか売却できなかった場合は元本はゼロになってしまうことを認識する必要があります。

また、不動産保有会社AMは設立から3年以内の法人で、保有している物件も担保物件の1つだけであるため設立以降赤字決算となています。

不動産保有会社なので今回の銀行およびOwnersBookから借り入れた資金で2つ目の不動産を購入し、事業を拡大していくものと想定します。

今後どのような物件を取得し、どのような事業展開をしていくのかは未知数です。

堅実な事業展開をしていくことを期待していますが、今回のファンドの運用期間の26か月間に事業運営上何らかの問題が発生した場合は、本ファンドの返済に影響が出る可能性もあります。

 

担保物件の推定

品川区東大井で2018年11月築の4階建て賃貸マンションをネットで検索してみると、条件が一致する物件が1つ見つかりました。

Shine Oimachi

写真を見ると1階部分が店舗で、2~4階で合計15戸の単身者向け住宅となっています。

場所も大井町駅のすぐ近く、都心への通勤にも便利で利便性は非常に高いです。

新築なのでgoolgeマップ上はまだ古い建物が写っています。

 

投資額について

担保物件が新築物件であり、立地もよいと判断できるため本ファンドに投資したいと思います。

ただ、メザニンローンである点、貸付先の不動産保有会社AMが設立間もないことを考慮し、1社あたりの投資枠上限50万円の半分、25万円を投資したいと思います。

 

余裕資金の運用を行うのなら、ソーシャルレンディングはいい選択肢です。

不動産特化型なら不動産のプロ集団が目利きをする「OwnersBook」は大人気です。

(募集開始後数分ですぐに締め切られてしまうのが唯一の難点です。)

関心のある方はこの機会にどうぞ。

OwnersBook公式サイト

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク